ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2017/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】280円/枚 【日経先物mini】39円/枚
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!


為替変動要因

【財政の崖】

オバマ米政権と共和党指導者の間で、年末までの決着を目指して「財政の崖」に関する協議が行われており、財政の崖が回避できた場合はドル買い、難航した場合、回避できなかった場合は、ドル売りとなる。

【仕組債の円買いヘッジポジション】

ドル・円相場は、2011年は75円台から85円台、2012年は76円台から84円台で推移して来た。もし、85円を上抜けた場合、85円から95円でのレンジに移行する可能性が高まることで、円買いヘッジポジションを構築している仕組債による大規模な巻き戻し、ドル買い・円売りが予想される。

【5年物リスクリバーサル】

オプション市場で、5年物のリスクリバーサルが初めて円プットオーバーに転換しており、中長期的なドル高・円安トレンドへの転換が予想されている。リスクリバーサルは、日米の貿易不均衡、すなわち、米国の貿易赤字、日本の貿易黒字を受けたドル安・円高トレンドを反映したものだった。米国の貿易赤字は、シェールガス革命により赤字の減少が見込まれており、日本は日中関係悪化などから貿易赤字の長期化が見込まれている。
 

記載されたものは、あくまで予定です。予告なく変更される場合があります。
()内は発表予定時間、市場予測値。(参考:トレーダーズ・ウェブ 、フィスコ)

 
24(月)

【国内】
振替休日

【海外】
米11月耐久財受注
休場:独、スイス、イタリア、ブラジル、インドネシア、米(株式、債券、CMEは短縮取引。外為、ICEは通常通り)


25(火)

【国内】
11月企業向けサービス価格指数(8:50)
気象庁3カ月予報
《株式分割》
ベルパーク、陽光都市、シノケンG、大証、ザイン、サクセスHD、レッグス、コスモ・バイオ、ウィル、ファンコミ、オプト、JACR、サムシングHD、トレンダーズ、メディアF、エムアップ、ネットイヤー、インフォマート、スリープロ、GCA、日本上下、CDS、フジキカイ、ティア
《銘柄異動》
早稲アカ
《株主総会》
東京一番
《決算発表》
Jフロントリテイリング、ハイデイ日高、ツヴァイ、イオンモール、パレモ、キリン堂、サンデー、ウェザーニューズ、マックスバリュ西日本、CFSコーポレーション、イオン九州、コックス、UCS、イオンクレジットサービス、NaITO、イオン九州、CFSコーポレーション、イオンファンタジー、パレモ、マックスバリュ九州

【海外】
主要市場はクリスマスで休場


26(水)

【国内】
2年国債入札
《銘柄異動》
トーエル
《株主総会》
ウェッジHD、ひらまつ、アルファクスFS
《決算発表》
日本化薬、ユニー、ナガイレーベン、乃村工藝社、ライトオン、マックスバリュ東北、福島印刷、アオキスーパー、象印マホービン、マルヤ、セキチュー、象印マホービン、タキヒヨー、シーズメン、ダイユーエイト、ハローズ、さが美、大光、アオキスーパー、セキチュ

【海外】
米10月S&Pケース・シラー住宅価格(23:00)
休場:英、カナダ、独、仏、スイス、スペイン、イタリア、ベルギー、オランダ、豪、NZ、香港、南アフリカ


27(木)

【国内】
11月住宅着工戸数(14:00)11月建設工事受注(14:00)
《株主総会》
扶桑電通、YAMATO
《決算発表》
三益半導体工業、髙島屋、ケイティケイ、オークワ、宝印刷、しまむら、一六堂、ソーバル、放電精密加工研究所、ニイタカ、ハピネス・アンド・ディ、ミタチ産業

【海外】
中国11月工業利益(10:30)
米11月新築住宅販売件数(28日0:00)

米12月CB消費者信頼感指数(28日0:00/70.0)
米国株式市場は12月以降、やや不安定な動きを続けている。雇用情勢が悪化しているとは言えないが、雇用拡大のペースは緩やか。ただし、住宅市場はまずまず順調であることから、信頼感指数の大幅な低下はないとみられる。
 

28(金)

【国内】
大納会

11月全国消費者物価指数(8:30)
予想は、全体の数字が前年比-0.2%、コアは同比-0.1%
前月から横ばいの見通し。先行指標となる東京コアCPIは、11月-0.5%。マイナス幅はやや拡大している。ガソリンや電気料金などエネルギー価格に大きな変動ないことから、下落率はコンセンサスを若干上回る可能性がある。

12月東京地区消費者物価指数(8:30)
11月家計調査(8:30)
11月労働力調査有効求人倍率(8:30)
11月鉱工業生産(8:50)
11月商業販売統計(8:50)
《株式分割》
ポールHD
《決算発表》
トシン・グループ、地域新聞社、スリーエフ、トライステージ、パイプドビッツ、ポイント、日本ERI、日本プロセス、DCM ホールディングス、マルミヤストア、メディカル一光、セキド、タカキュー、ヒマラヤ、シベール、きょくとう、テクノアルファ、五洋食品産業、きょくとう、ありがとうサービス、キャリアリンク

【海外】
イタリア国債入札
米12月シカゴ購買部協会景気指数(23:45)
米11月中古住宅販売仮契約(29日0:00)

 
2013年

米12月ISM製造業景況指数 (日本時間1月3日0:00)
11月実績は、49.5
先行性のある同指標内訳の11月「新規受注DI」は50.3←10月54.2と大きく低下。既公表の12月の各地区連銀指数は、NYが悪化。他の地区連銀については若干の改善が見込まれるが、11月と大差ない状況のようだ。新規受注DIの低下を考慮すると、12月も50を下回る可能性がある。

米12月ADP雇用統計 (1月3日22:15)
11月実績は、前月比+11.8万人
調査期間である12/12を含む週の新規失業保険申請件数は、やや増加。4週移動平均の数字は11月9、16日週の件数がハリケーンの影響で急増しており、参考にはできない。失業保険継続受給者数はおおむね横ばいとなっており、雇用者数の増加は11月の実績とおおむね同水準となる可能性がある。

米国12月雇用統計 (1月4日22:30)
11月実績は、失業率が7.7%、非農業部門雇用者数は+14.6万人
米国の12月の雇用統計では、失業率が7%台なのか、非農業部門雇用者数が失業率の低下となる15-20万人程度なのかを見極める展開となる。
12/12を含む週の新規失業保険申請件数は、やや増加。4週移動平均の数字はハリケーンの影響で急増しており、参考にはできない。失業保険継続受給者数はおおむね横ばいとなっていることから、11月との比較で雇用者数の大幅な増加は期待できない。失業率は横ばいか、やや上昇する可能性がある。
 

    にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ    
       ↑ 応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

コメント
この記事へのコメント
週足連勝・連敗記録ヒストリカル
日経平均は週足で6連勝(~12.21週)となりました
リーマン大底以来の週足5連勝以上をまとめると
                             翌週以降(○上昇 ×下落)
期間(週)        連勝   累積上昇率    1週 2週 3週 4週 5週 
2012年
11.16-12.21   7   12.85%   どうなるか?  
2.10-3.16     6   13.90%    ×  ○  9週連敗へ
2010年
11.5-12.17    7   12.90%    ×  ×  ○   ×   ×  4週連勝へ 
2.12-4.2      8   11.68%    ×  ×  ×   ○   ×  ふるわず
2009年
11.27-翌年1.15  7   19.61%    ×  ×  ×  8週連勝へ

    連勝ストップ後は ①3-4週調整して上昇 か ②大きな下落相場入り の2つのケースがある
    過去2回の連勝起点11月では 7連勝まで伸ばしているが・・・ アノマリー


他市場も含めた(2010年以降)連勝・連敗をまとめると次のようになる
 → ダウ・FT・DAX・日経平均・ハンセン・KOSPI・インド で

連勝=5連勝以上のベスト10は

     指数   連勝終点週      連勝  累積上昇率
 1. DAX  2011.10.28   5  20.52%
 2. 日経平均 2010.1.15    7  19.61%
 3. DAX  2012.2.3     7  17.40%
 4. インド  2012.2.17    7  17.08%
 5. ハンセン   2012.2.17    7  15.61%
 6. ハンセン   2010.10.15   7  13.96%
 7. 日経平均 2012.3.16    6  13.90%
 8. ダウ   2011.10.28   5  12.93%
 9 .インド  2010.4.9     9  12.88%
10. 日経平均 2012.12.21   6  12.85%  先週まで

    日経平均のランクイン3回はやや意外感か?
    2011年の日経平均は死んでいた
    日経平均・ハンセン・インドはファンド次第の相場らしき雰囲気がある

連敗=4連敗以上のワースト10は

 1.KOSPI   2011.8.19    4  -21.07%
 2.日経平均  2012.6.1     9  -17.50%
 3.インド   2011.8.26    5  -16.34%
 4.ダウ    2011.8.19    4  -15.53%
 5.日経平均  2011.8.19    4  -14.71%
 6.ハンセン    2011.8.19    4  -14.13%
 7.ハンセン    2011.9.30    4  -13.39%
 8.ハンセン    2012.6.8     5  -12.78%
 9.インド   2011.11.25   5  -12.38%
10.ハンセン    2111.11.25   4  -12.16%

    日経平均は他にランク外だが-10.22%(2011.11.25)がある
    連敗記録でも日経平均・ハンセン・インドはファンド次第らしき雰囲気がある

   
このデータだけではわかりにくいが私見を

1.2011年春の高値を境に アジア株は(ファンドの)売り対象 となった
→ 2011年に週足5連勝を記録していないのは 日経平均・ハンセン・インド だった
2.日経平均は2011.3.11を契機に2012年10月まで一貫して売られた
→ 2011年5月~2012年10月までに日経平均は週足4連敗以上を 6回 記録している

      指数   4連敗以上       指数    4連敗以上
     日経平均   6回         ダウ     2回 
     ハンセン     5回         FT     2回
     インド    4回         DAX    2回
     KOSPI    4回

         欧米株に対しアジア株は相対的に売られ過ぎ
         中でも日経平均は突出している印象がある

日経平均の2つのアノマリーをリキャップすると

   1.11月起点の連勝は 7週連続 となっている
   2.トップは 週末・週明け に集中している

           ↓ この2つから類推すると トップ可能性は

    日経平均は週明け12.25(火曜日だが週明け)
         大納会12.28(金曜日) 

アノマリーでは12.25or12.28がトップの可能性だが
先週に天井打ち も有力だと思います

「財政の崖」はどうなるでしょうか?


世界株指数センチメントを眺めると(主要10指数の週足サイコロで見る)

     週     週足サイコロ
  11.9     5.1勝 6.9敗
  11.16    5.1勝
  11.23    6.1勝
  11.30    6.0勝
  12.7     5.9勝
  12.14    6.3勝
  12.21    6.8勝

    世界株のセンチメントは 11.9-16週をボトムに上向きに転換 とも見える

日経平均のトップはどこになるのだろうか? → 先週という見方も可能だが
リーマン以降の日経平均トップ(上昇値幅1000円以上で)の曜日を整理すると

  トップ日   上昇値幅    曜日
  2009年
  6.12   3081円   金曜日
  8.26   1590    水曜日  唯一の例外曜日
  2010年
  1.15   1900    金曜日
  4.5    1406    月曜日
  2011年
  2.21   1763    月曜日
  5.2    1399    月曜日
  2012年
  3.27   1759    火曜日  配当落ち日にまさかの日銀がETF買いを実施した
                      実質的なトップは3.19=10141がトップ
                                ↓
                               月曜日 となる

    こうしてみると 
      日経平均のトップは 週末or週明け につけている

  

   
2012/12/23(日) 17:20:21 | URL | チャチャ #A1vz8dvw[ 編集]
優しい相場はないが
おはようございます
今週もデイ中心の取引です
ザラ場での規則正しい値幅が有れば
大きな値幅を伴い上下に
ボラが少し大きくなってきたのも
変化の兆しなんでしょうか
安部相場、日銀ノビタ君をいじめに
僕の意見を聞いてくれないなら法律変えるよ
そうなると次の会合でアコードされることになる
これを相場に置き換えればどうなるんでしょうか
小泉政権下での株高の推移
遅ればせながらリーマンショックまでの戻りにつながるの

テクニカルが機能マヒ?
売りの環境は難しくなってきたことは
なんとなく感じるこの頃です
でも売るんですよね、何時もトレンドの変化に逆らいでやられるんですよね
23日のNHK特集、日本国債は奥の深い番組でした
この時期にNHKが特集する意図はなんなのでしょうね
本日も10180抜けると10230円~10250が見え
10050円割れなければ買いで行くしかないですかね
2012/12/25(火) 09:00:57 | URL | B/N #-[ 編集]
前場で終わります
海外マーケットの多くが休場ですね
これでイブニングの動きが乏しい
このまま終われば日足で包み
シグナルなんですが
期待は裏切られる
買い方さん10,090円、この辺りから反転しないと厳しいのでは
2012/12/25(火) 10:54:42 | URL | B/N #-[ 編集]
風邪には注意ください
風邪の流行がきましたね
年末健康にはくれぐれも注意ください
私も風邪気味なので近くのクリニックへ
行ってきました
相場ですが21日のニューエッジ
買い34568、売り32654
この大口取扱様狂い始めるとボラが高くなる傾向が有りますね
ただテクニカルには反しない行動も
みかけますが裏をかくのもお手の物

さて10180を抜けなければチャート的には下確定にもみえる
のですが
三連休のCMEの価格ははやり過ぎですね



2012/12/25(火) 13:39:05 | URL | B/N #-[ 編集]
2012年最終週
チャチャ 様

>連勝ストップ後は ①3-4週調整して上昇 か ②大きな下落相場入り 

今回は、ほぼ全員①予想でしょうね。
(3-4週下げると、②の予想も聞こえてきそうですが^^)

>過去2回の連勝起点11月では 7連勝まで伸ばしているが・・・ アノマリー

過去20年間で、12月最終週は8割の白星だそうです。
7週続伸のハードルは低そうです。

>日経平均のランクイン3回はやや意外感か?

データありがとうございます!
ハンセンは想像通りでしたが、日経平均の3回は意外でしたw

>アノマリーでは12.25or12.28がトップの可能性だが
>日経平均のトップは 週末or週明け につけている

12月28日は満月ということもあり、気になりますね。
2012/12/26(水) 01:02:56 | URL | to チャチャ 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
北では風邪、南ではノロウィルス><
B/N 様

>10050円割れなければ買いで行くしかないですかね

本日のピッタリ賞!お見事です!
引けにかけてドタバタしましたが、14時半頃までこの水準がサポートとして意識されていましたね。

>私も風邪気味なので近くのクリニックへ

ご自愛くださいませ○| ̄|_
私もやや風邪気味なので、気を付けます。
2012/12/26(水) 01:27:30 | URL | to B/N 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/5892-0b94175c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2