ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】280円/枚 【日経先物mini】39円/枚
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!


12月21日の米国株式市場

ダウ平均: 13190.84 ▼120.88
ナスダック: 3021.019 ▼29.38

朝方発表された11月の個人所得や耐久財受注額は予想を上回ったが、特段支援材料とはならず、取引開始間もなくダウの下落幅は150ドル超に。

財政の崖回避に向けてオバマ大統領と協議を続けている共和党のベイナー下院議長は20日夜、同日予定していた下院での関連法案の採決を断念。富裕層向け減税の失効に強硬に反対している保守派を説得できなかった。リード上院院内総務には「無益な一週間であった」と評された。

与野党協議が年内にまとまらず、米景気に悪影響を与えるとの警戒感が強まり、ダウ平均の下げ幅は190ドルに迫る場面があった。

ダウ平均は120ドル安で引け、下落幅は11月14日以来約1カ月半ぶりの大きさも、週間パフォーマンスは、ダウ平均+0.4%、S&P500+1.2%、ナスダック+1.7%。

業種別S&P500種株価指数は全10業種が下落した。「エネルギー」「金融」「電気通信サービス」などの下げが目立った。

NYSEの売買高は約18億8000万株(速報値)、ナスダック市場は約25億株(同)。

個別では、バンカメやエクソンモービル、ウォルト・ディズニーの下落が目立った。「ブラックベリー」を販売するカナダのリサーチ・イン・モーションが急落。足元の事業環境に厳しい認識を示し、収益の先行きを警戒する売りが膨らんだ。
デルも小幅に下げた。S&P100種株価指数の構成銘柄から除外されることが明らかになり、指数連動を目指すファンドなどから売りが出るとの見方から先回りする動きが出た。
一方、アメックスやマクドナルドが上げた。前日夕に発表した四半期決算が市場予想比で健闘したと受け止められたナイキが大幅上昇した。

 

12月24日の米国株式市場

ダウ平均: 13139.08 ▼51.76
ナスダック: 3012.60 ▼8.41
ドル円 NY時間17時: 84.94 -84.95
ユーロ円 NY時間17時: 111.95 -111.99
CME日経平均先物 円建て: 10145

財政の崖の協議はまとまらず、結論はクリスマス後に持ち越された。年内に合意できるのかが不透明との見方から、投資家が運用リスクを回避する姿勢を続けた。ただ、下値も堅かった。

クリスマスの祝日の前日にあたる24日は午後1時までの短縮取引。休暇中の市場参加者が多く、相場が朝方に水準を切り下げた後は取引を見送るムードが強かった。

業種別S&P500種株価指数は全10業種のうち「エネルギー」や「IT」、「生活必需品」など7業種が下落。「素材」や「一般消費財・サービス」、「電気通信サービス」が上昇。

個別では、燃料電池部門の売却を発表した航空機・機械のユナイテッド・テクノロジーズが小安い。マイクロソフトが下落。「ウィンドウズ8」の販売が苦戦していると米主要メディアが伝え、売りが出た。過去の会計処理について当局が調査していると伝わった地銀のリージョンズ・ファイナンシャルも下げた。
一方、アナリストが前向きな業績見通しを示したと伝わった百貨店のJCペニーは上昇。アルコアやホーム・デポが上げた。

 

日本株式市場

日本の連休中、米株式相場は続落となったが、CME清算値は大証比+185円で帰ってきた。

これにより、連休明けの日経225先物は大幅高で始まった。

安倍君の発言「日銀が来年1月の金融政策決定会合で物価上昇率目標の設定を見送れば、日銀法改正に踏み切る」が材料と言われているが、これってテレビ番組での発言。しかも、目新しさはない。ドル円も21日の水準から50銭程度円安に振れたに過ぎない。

特に材料はない。連休前のように、CME、SGXに持ち上げられて始まった恰好。

最も強い相場が買われていると見る事もできるが、先週末同様本日も裁定解消の商い(先物の買戻し)にも見える。

財政の崖に関しては、上院は27日から再開する一方、下院は27日まで休会すると報じられている。世界中がクリスマス休暇という状況でもあり、このような時に積極的にリスクポジションを積み上げるという動きは想定しがたい。

外為市場では、リスクマネーの象徴ユーロが対ドルで12月19日に頭打ちとなっているようにも見える。

株式市場もそうなりそうに思えるが、チキンスギカ...


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1350万株、買い1350万株と売り買い均衡。金額ベースは買い越し。

09:00
日経225先物mini、¥10115にてショート。弱め。
https://twitter.com/heyward225 にてUP済。)

 
*** 追記 ***
09:50

Christmasということで、外為市場もスカスカ。月末ゴトー日で仲値不足が噂されてもおかしくないが、そんな声も聞かれず。人がいないということなのだろう...

10:04
先週末もCME,SGX高で始まった。その時は、午前10時過ぎからドル円、日経225先物がガタガタっといったが、今日もそうなるのかどうか...

11:02
TOPIX型は値を消したが、225はしっかり。

株価指数000501.JPG
 

    にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ    
       ↑ 応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/5893-f426c84b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2