ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2017/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】280円/枚 【日経先物mini】39円/枚
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!


12月25日の米国株式市場

クリスマスのため休場

ドル円: 84.75-84.81
ユーロ円: 111.73-111.78

 

日本株式市場

昨日は海外市場の多くはクリスマスで休場。本日も休場の市場は多い。
基本的には休場前の地合いを引き継ぎながらも閑散小動きとなりそう。

その地合いはと、チャートを見てみると、どこも雰囲気はいい。

一昨日のS&P500は続落となったが、横ばいの75線に支えられた。
25日線は上昇中であり、早晩75日線とのゴールデンクロスを示現しそう。

昨日の上海総合は2.5%高。終値で2200pを約半年ぶりに回復。
ゴールデンクロス(25・75)を達成し、200日線も上回った。

昨日の225先物ナイトは僅か2800枚。
これだけ薄くても、小高くしっかりした動きで10100円で引けた。
本日の日中も、ドル円85円回復を手掛かりに大幅高。
日経225先物は前日比+60円で始まり、寄り付き直後に10150円を付けた。

連休前・連休後とCME、SGXが馬鹿高く帰ってきて小波乱となったが、本日は大証独力で寄付きから小波乱の様相。寄付きから225・TOPIX共にまた過剰な順ザヤで推移しており、またも現物株は寄り天気味。またかのパターンだ。

今年も残すところあと2営業日。
この好地合いのまま、このパターンで2012年を〆ることになりそう...


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り360万株、買い430万株、差し引き70万株の買い越し。
買い越しは2営業日ぶり。金額ベースも買い越し。

 
*** 追記 ***
09:39

先物が高く寄り付き、日中現物売りと、毎日同じパターンですな(-_-;)

11:02
動いたように見えたが、日経平均の日中値幅は僅か45円。
閑散小動き、高値圏で粛々と裁定解消売り... 今日もそんな一日か。

株価指数000507.JPG
 

    にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ    
       ↑ 応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

コメント
この記事へのコメント
日経平均ー需給データ  反比例現象?
裁定買い残(株数ベース)-松井店内売り残ー東証空売り比率を
横並びで眺めてみると

        日経平均   裁定買い残   売り残  空売り比率MA10日
               (百万株)   (億円)   (%)
12.6    9545    2196   315   22.21
                   ↓
                  ここがピークだった

12.12   9581    2128   327

12.17   9828    1842   340
12.18   9923    1842   349
12.19  10160    1898   355   20.33
12.20  10039    1760   356
12.21   9940           345
12.25  10080           368   20.08

裁定買い残は12.6ピーク → 12.20までで -19.8%減少した
                       裁定解消売りはたしかにある
              ↓
日経平均は        同期間に        + 5.2%上昇した

松井店内売り残は12.6 → 12.25までで    +16.6%増加した
                      ナンピン売上がりはたしかにある
              ↓
日経平均は        同期間に        + 5.6%上昇した

空売り比率MA10日は 低下傾向がトレンド になっている
           → 店内残は増加トレンド になっている
              ↓
       売りの主役は ファンド → 個人 へスイッチしたようだ


こうしてみると
日経平均の7月以降の 小規模サイクル相場 とは少し異なる匂い も感じられるか?

空売り比率は
今日明日にも 20%割れの可能性 があるかもしれない
           ↓
   諸刃の剣 なので 警戒と期待は半々となる
    2011年以降と同質の相場ならば この辺りがピーク
    異質の相場(=2010年以前)ならば ここからが本番(今ではなく中期だが)

どうなのでしょうか?
2012/12/26(水) 09:55:35 | URL | チャチャ #A1vz8dvw[ 編集]
財政の崖  どこを見るのか?
米国内では 2つの観点 があるようだ

   A.年内の妥協決着はあるのか?
    → これが金融市場の最大関心事であることはまちがいない だろう
    → 米国では ヘッジ売買 がまだ続いている  Ex.VIX指数の買い持ち

   B.米国政府・エコノミストの予想するGDP影響度は本当にあるのか
    → ざっくり云われているのは GDPを-2%~-3.5%下押しする
      (崖の回避が不調の場合)

    → この影響に関しては 感覚的なレポートが多く
      厳密な検証を個人的には読んだことがない

11月ー12月の月次・週次経済指標・データには
まだ崖から落下をうかがわせるものは皆無 と思うが・・・
→ まだ崖からの落下が読み込まれていない からだ
 というのが GDP影響は大きいとする論者(政府を含め)の言い分 ではある

個人的にはよくわかりませんが
このGDP影響の言い出しっぺが米国政府 であることが気にはなります
→ 常識的には 恫喝&駆け引き とも考えられる

どうなのでしょうか?
2012/12/26(水) 10:25:59 | URL | チャチャ #A1vz8dvw[ 編集]
崖はもうどうでもいいようです^^
チャチャ 様

>裁定買い残は12.6ピーク → 12.20までで -19.8%減少した
>日経平均は        同期間に        + 5.2%上昇した

日中の商いを見ていても、確かに解消売りと思われる動きがありますが...
高値圏で見事に捌かれてますね。出来高の大きさがなせる業なのでしょう^^

>売りの主役は ファンド → 個人 へスイッチしたようだ

売りもそうですが、買いでも個人が遂に出動?と思わせるような数字も。
昨日から売買単価急低下で、低位小型株祭りの様相です。

>異質の相場(=2010年以前)ならば ここからが本番(今ではなく中期だが)

同感です。期待半分、警戒半分で見てます。

>A.年内の妥協決着はあるのか?

フィスコによれば、「交渉がまとまらずに崖から転落したとしても、1月1日に遡って減税失効分を取り戻す手段がある」とのこと。もう年内に固執することはないという声もちらほらと^^

>米国政府・エコノミストの予想するGDP影響度は本当にあるのか

崖から転落せずに、下り坂となった場合の下押し圧力の試算は... 聞かれないんですよね。
どう妥結(両党が妥協)するのか不明なため已むをえませんが...
2012/12/26(水) 20:59:34 | URL | to チャチャ 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/5896-7406779b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2