ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2017/04 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】280円/枚 【日経先物mini】39円/枚
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!


あけましておめでとうございます!本年もよろしくお願い申し上げます。
 

1月3日の米国株式市場

ダウ平均: 13391.36 ▼21.19
ナスダック: 3100.57 ▼11.69
ドル円 NY時間17時: 87.23 -87.24
ユーロ円 NY時間17時: 113.85 -113.89
CME日経平均先物 円建て: 10765

3日の米株式相場は3営業日ぶりに反落。ダウ平均は、前日までの2営業日で470ドル超上昇した反動で、目先の利益確定売りが優勢になった。

FRBが午後発表したFOMC議事要旨も、投資家心理の重荷となった。昨年12月分のFOMC議事要旨によると、複数の委員が「FRBの資産購入を2013年末までに停止か減速することが適切になる可能性がある」と指摘。FRBは量的緩和策を想定より早い時期に見直すとの観測が浮上し、相場は売りの勢いがじわりと増した。

百貨店のメーシーズなど複数の小売企業が3日、収益予想を下方修正した。GDPの7割を占める個人消費の先行き不透明感が強まり、投資家心理を冷やす一因になった。

尚、12月のADP雇用リポートでは、民間部門の非農業雇用者数が前月比21.5万人増と13~15万人程度を見込んでいた市場予想を大幅に上回った。一方、新規失業保険申請件数は市場予想より多く、雇用関係の指標は強弱まちまち。市場の反応は限定的だった。

業種別S&P500種株価指数は7業種が下落。「IT」や「素材」の値下がりが目立ち、「一般消費財・サービス」や「ヘルスケア」が上げた。「公益事業」は横ばいだった。

NYSEの売買高は約7億1000万株(速報値)、ナスダック市場は約17億3000万株(同)。

個別では、保険のユナイテッドヘルス・グループが下落し、マイクロソフトやGEが下げた。メーシーズが売りに押され、同じく収益予想を下方修正したディスカウントストアーのファミリー・ダラー・ストアーズが急落した。
一方、医薬品のメルクや建設機械のキャタピラーが上昇。昨年12月の米新車販売が好調だったGMとフォードも上げた。高級セレクトショップの買収を発表した衣料品のギャップが買いを集めた。

日本株式市場

誰もが「落ちるはずはない」と思っていた財政の崖だが、それでも期日間近かとなれば不安も増す。ダウ平均は12月28日まで5日続落となっていた。

やはり「落ちるはずはない」と改めて思ったのか、12月31日にダウ平均は急反発。年明け1月2日、崖からの落下回避を確認して更に急騰。年末年始の2営業日で470ドル超上昇し、10月18日以来の高値を回復した。

急騰の反動か、昨日は利益確定売りに押されたがしっかりとした動き。下げ幅は限定的だった。

この間、外為市場でドル円は87円後半まで円安が進行し、2010年7月以来約2年5カ月ぶりの円安水準をつけた。これに連動するように、CME日経平均先物は1月2日は10860円で終え、2011年2月以来約1年10カ月半ぶりの高値をつけた。

昨日のCME日経平均先物は、さすがに利益確定売りに押されて反落となったが、10765円とこれもしっかりした動き。本日の225先物はこの水準、10750円で始まった。短期的な過熱感から場中は売りに押されているが、それでもしっかりした動き。

日本株式相場は最高の年末から、最高の年初へと綺麗に繋がった!

この株高の先に、好景気が待っていることを切に願う(^_-)-☆


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1490万株、買い2500万株、差し引き1010万株の大幅買い越し。
買い越しは4営業日連続。金額ベースも買い越し。
 

*** 追記 ***
11:03

年明け早々売る気もせず。この円安では尚更売れず。
かといって、今さら買う気もせず。
東証大証統合、信用無限回転の影響も確認してみたい。
そんな参加者が多いのではなかろうか...

株価指数000523.JPG
 

    にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ    
       ↑ 応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

コメント
この記事へのコメント
新年相場
今年も宜しくお願いします
笑う門には福来るですね
この強さには笑うだけです
年が明けても何も変わらない世間
期待先行の安部相場
行きつく先には何が待ってるのか
本日は無理せず、10600辺りまで下げてきたらご祝儀相場に乗ってみます
2013/01/04(金) 10:13:00 | URL | B/N #-[ 編集]
日経平均年足64年
新年おめでとうございます
日本にも貴兄にも2013年が良いターニング・ポイントとなるよう願っております

日本の年末・年始休みの間の海外市場で印象深かったのは

1.南欧10年債利回りvs資産逃げ債券(独・仏・米)利回り の巻き戻し現象
   スペイン債は5.0%台へ
   ポルトガル債は6%台ミドルへ
   ドイツ債は1.5%接近へ
   米債は1.9%へ
2.米国株では1.2のNYSE52週高値銘柄数は657まで上昇
   2011年4月末以来の600銘柄のせ

          新高値銘柄数  ダウ    VIX
   2011
   4.28    697          14.62
   4.29    666   12810  14.75  2011年高値
   2013
   1.2     657   13412  14.68

相場の参考にはならないかもしれませんが 年足64年since1949年を

       10年間の成績   ベスト年間騰落率   ベスト年間ボラティリティ
1950年代   7勝3敗  1952=+118.4%  1952=+120.8%
1960年代   7勝3敗  1960=+55.1%   1960=+56.1%
1970年代   6勝4敗  1972=+91.9%   1972=+92.0% 
1980年代  10勝0敗  1986=42.6%    1986=+47.9%
1990年代   4勝6敗  1999=36.8%    1999=43.1%
2000年代   5勝5敗  2005=40.2%    2005=+51.0%
2010年代   1勝2敗  2012=22.9%    2012=+25.3%

スタートの1949年の日経平均は 109.91円

      日柄(年数)
 1956   7     500円のせ
 1960   4     1000円のせ
 1969   9     2000円のせ
 1972   3     5000円のせ
 1984  12     10000円のせ
 1987   3     20000円のせ
 1989   2     大天井=38915円
 1992   3     20000円割れ
 1996   4     戻り高値=22666円
 1998   2     15000円割れ
 2000   2     戻り高値=20833 で20000円回復
 2001   1     10000円割れ 年間安値で9504円
 2002   1     終値で10000円割れ
 2003   1     実質的な大底=7603円
 2005   3     15000円回復
 2007   2     戻り高値=18261円
 2009   2     年間安値で7054円 

     22666-20833-18261 が上値抵抗ライン 

2点に注目します

1.年足チャートの類似性
この表ではわかりませんが
2010-2011-2012のチャートの類似は
                  1973-1974-1975 のみ

2.年間ボラティリティのアノマリー
64年間で 2年以上 年間ボラが20%台以下は 過去4回のみ

   期間           ボラティリティー%           翌年のボラティリティー
  1984-85   +19.3%・+13.7%        +47.9%
  1993-94   -24.0・+24.1          +38.1%
  1996-98   -15.5・-28.6・-25.4    +43.1%
  2006-07   -19.0・-18.8          -51.2%

  2010-12   -22.2・-24.8・+25.3    どうなるか?


    アノマリーでは2013年のボラティリティーは +40%程度の可能性


昨年は年足引けピン でしたが 珍しいことではない ようです
過去1949-2011年の63年間で

 引けピン   11回(17.5%)
        翌年の成績は    6勝5敗 
           平均上昇率  19.0%
           平均下落率  20.3%
 12月高値   7回(11.1%)
        翌年の成績は    5勝2敗
           平均上昇率  15.4%
           平均下落率   8.1%

年末休み以降のCME清算値ーダウのN-N比率は 0.8000を超えてきました

長いだけの投稿で失礼しました
     
   
2013/01/04(金) 10:59:17 | URL | チャチャ #A1vz8dvw[ 編集]
値幅は良いところ
為替が88円を狙いそうな動きにしては株は上値重いですね
イブニングで大きく動くパターンなんでしょうか
本日の高値10760円、値幅的には良いとこなんでしょう
今夜の雇用統計を確認後どうなるか?
結果良なら週明けまたGUですかね
最後の三段目ロケットになるか

期待しないで待ちます
2013/01/04(金) 14:10:23 | URL | B/N #-[ 編集]
あけましておめでとうございます!
B/N 様

>イブニングで大きく動くパターンなんでしょうか

ご指摘の通り、イブの値動きが激しいですね。
日中の寄付きだけの動きに対して、対照的です。

>今夜の雇用統計を確認後どうなるか?

米市場は、上振れなら株安・ドル高、下振れなら株高・ドル安。
日本市場は、上振れなら好感して株高、下振れても関係ないようでしっかりとした動き。
金融相場ですねぇ^^
2013/01/06(日) 23:08:05 | URL | to B/N 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
本年もよろしくお願いいたします!
チャチャ 様

>2010年代  1勝2敗  2012=22.9%  2012=+25.3%

2012=22.9%と見ると、大した上げ幅ではありませんが
11月半ばから年末の上昇率と見ると、かなり大きいですね。
動いてなかったところから、急に動き出し、上抜けたインパクトもデカイw

>22666-20833-18261 が上値抵抗ライン

TOPIXでは、1993年からここまでずーっと1700-1800がレジスタンスですね。

>昨年は年足引けピン でしたが 珍しいことではない ようです
>過去1949-2011年の63年間で  引けピン   11回(17.5%)

バブル崩壊前(経済・株価右肩上がり)は40年間で9回。
ほぼ4年に1回w 年足引けピンはよくありましたね。

一方、バブル後でみると、この23年間で僅か2回。しかも翌年の成績は2敗。
経済・株価右肩上がりの状態で、年足引けピンはレアケースですね。

ただ、今回は前回までと違って、未だ歴史的安値圏の中での動き!
今度こそ、いい結果になってほしいものです。
2013/01/06(日) 23:37:32 | URL | to チャチャ 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/5906-8e43c3da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2