ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2017/04 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】280円/枚 【日経先物mini】39円/枚
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!


1月8日の米国株式市場

ダウ平均: 13328.85 ▼55.44
ナスダック: 3091.81 ▼7.00
ドル円 NY時間17時: 87.05 -87.06
ユーロ円 NY時間17時: 113.87 -113.91
CME日経平均先物 円建て: 10425

12月ユーロ圏景況感指数が予想を上回ったが、NY株式相場への影響は限定的。朝方発表された12月中小企業楽観度指数も予想を上回ったが、その水準は未だ低く、材料視されなかった。その後、午後3時に発表された11月消費者信用残高が予想を上回り、ダウ平均はわずかに下げ幅を縮めたが、それに続く好材料はなく、主要3指数は揃って続落。

8日取引終了後のアルコアから、米主要企業の決算発表が本格化する。米主要企業による2012年10-12月期決算は全体として企業業績は伸び悩むとの声もあり、その内容を見極めたいと買い手控えムードが強かった。ダウ平均が昨年10月につけたリーマン・ショック後の高値をうかがう水準まで上昇していたこともあり、買いに慎重な雰囲気も。

業種別S&P500種株価指数は全10業種のうち9業種が下落した。「電気通信サービス」や「資本財・サービス」の値下がりが目立ち、「素材」が上げた。

NYSEの売買高は約6億9000万株(速報値)、ナスダック市場は約17億1000万株(同)。

個別では、ボーイングが下落。JALが運航する新鋭中型機「787」が燃料漏れを起こしたと伝わった。JALの別の同型機が前日に出火したこともあり、今後の受注への悪影響を懸念する売りが広がった。通信のベライゾン・コミュニケーションズやAT&Tも売りに押された。外食のヤム・ブランズの値下がりが目立った。中国事業の既存店販売が従来予想より落ち込んだと発表し、収益の先行き懸念から売りが出た。
一方、HPやエクソンモービルが上昇。種子などの農業製品を扱うモンサントも上げた。増益決算を好感する買いが入り、52週高値をつけた。

尚、引け後に発表されたアルコアの10-12月期決算は1株利益(調整後)が0.06ドルと市場の予想に一致。売上高は59億ドルで、こちらは市場の予想を上回った。これを受けてアルコアは時間外取引で買われ、株価は上昇している。

 

日本株式市場

米株式相場は、財政の崖が回避された1月2日から商いは薄く、上値が重い展開。ただ、ダウ平均は11月16日・12月31日のダブルボトムが利いており、ゴールデン・クロス(25・75)目前となっている。決算発表次第ではあるが、チャートテクニカル的には、ゴールデンクロスのポイント13200処まで押せば買いは入りそうな気はする。

日経平均に関しては、昨日GDとなりアイランドリバーサルが警戒されたが、空けた窓を前場に強引に埋め、アイランドリバーサルは回避された。

しかし、この窓埋めから再び軟化し、東証1部の下落銘柄数は1000を超え、TOPIXの下落率は1%を超えて引けた。これは総選挙後最大。

本日もGDで始まり、大納会・大発会で空けた窓、本日空けた窓でまたもアイランドリバーサルが意識される展開となっている。

ただ、大納会と大発会とで空けた窓を埋めた寄付き後はしっかりとした動きとなっており、本日空けた窓(10463.43円)を埋めようかという動き。(10時現在高値は10460.96円)

ここまでは、昨日と非常によく似た動きとなっている。

尚、昨日「調整入りを示唆する数値が多発」と書いたが、本日は5日線割れ、パラボリック陰転など、テクニカル的にも調整入りを示唆するシグナルが散見される。

ただの調整(健全な調整)とは思うが、短期的には適度に警戒感を持って臨みたいところ。
中長期的には強気で臨みたいところ。


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1950万株、買い1590万株、差し引き360万株の売り越し。
売り越しは2営業日連続。金額ベースは買い越し。

 
*** 追記 ***
10:13

9時以降、円相場は軟調だが、株式市場のこれへの反応は限定的。
本日空けた窓を未だ埋められない。あと3円なのに...

10:19
おっ、窓埋め完了。ここまでは昨日とほぼ同じ展開。埋めた時間もほぼ同じ。

10:40
転換線(10334)や+1σ(10318)まで下げるのかと思ったが、大発会で空けた窓埋めで切り返した。まぁ、目先的にはこれが押し目の目途だが、ずいぶん浅いな...

11:02
短期は調整の初動、中期は上向き、長期は大相場の初動の可能性。
なんとも悩ましいところ(-_-;)

本日も後場、所用に付き更新をお休みさせていただきます○| ̄|_
相場参加者にとっても、そうでない方にも、良い一日となりますように♪

株価指数000540.JPG
 

    にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ    
       ↑ 応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

コメント
この記事へのコメント
米国株指数1.8
主要3指数は続落したが
VIX指数は6日連続の低下⇔SP500は3勝3敗
    あまり見たことのない現象と思うが・・・

 VIX指数売買の短期マネーは 株価上昇を見ていることになるが
 ヘッジ専科の機関投資家のヘッジ売りは 何を見ているのだろうか?

  ちなみに昨晩のVIX=13.68は 安値引け となっている

テクニカル指標ではMACDの動きが興味深い

 日足では ナスダックは昨年12.31に
      ダウも今年1.3に        陽転し
 
 週足では ナスダックは今年1.」3に    陽転し
      ダウは              現在陽転リーチ となっている
      SP500も先週に        陽転した

    日足は当てにならないMACDだが 
      週足のフォローは 確率論では 買いシグナル と思うが・・・


情報ベンダーの日経平均コメントは
   手のひらを返したように 下値探し・売りシグナル で満開となっている

日経平均の今年1月4日までとは裏腹に
   昨年12月20日からは 強い下押し圧力 が顕著になっている
   12.20からの日柄は 今日で9日 となる
   
   明日1.10は日足一目の転換線が上昇するそうだ

日米ともに わかりづらいが 一方通行が本当にあるのだろうか?
2013/01/09(水) 10:48:18 | URL | チャチャ #A1vz8dvw[ 編集]
下押しも
チャチャ 様

>ヘッジ専科の機関投資家のヘッジ売りは 何を見ているのだろうか?

一昔前は、あぁこれってヘッジ売りだなというのが見え見えでしたが、昨年からなんか様子が違うんですよね。
裸でリスクオン・オフだけって感じが。(そんなことないでしょうけど、そう見えるんですよね...)

>昨年12月20日からは 強い下押し圧力 が顕著になっている

ドル円ショートと裁定買いがピークアウトした時期ですね。
でも、まだ機関投資家の(PFリバランス)買いは続いている。。。
強い下押しとまではならんような気がしますが...ドウナンデショ
2013/01/09(水) 19:56:22 | URL | to チャチャ 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/5915-be3b31c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2