ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】280円/枚 【日経先物mini】39円/枚
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!


1月10日の米国株式市場

ダウ平均: 13471.22 △80.71
ナスダック: 3121.76 △15.95
ドル円 NY時間17時: 88.76 -88.77
ユーロ円 NY時間17時: 117.78 -117.82
CME日経平均先物 円建て: 10775

決算シーズンに入り企業業績への警戒感がやや後退していたところ、中国の12月の輸出が予想を大幅に上回ったことで景気回復への期待が高まった。ドラギECB総裁が定例理事会後の記者会見で域内の景気先行きに対する前向きな見方を示したことも好感され、NY株式市場では買いが先行した。

朝方発表された新規失業保険申請件数は予想を上回ったが、特に材料視されず。その後、ドラギECB総裁は景気の下振れリスクを指摘したが、これも特に嫌気されなかった。

利益確定目的の売りに押されて相場は伸び悩む場面もあったが、下値の堅さが意識されると、買いが再開。ダウ平均は取引終了にかけて上げ幅を広げ、この日の高値圏で終えた。

ダウ平均は2012年10月18日以来約2カ月半ぶりの高値で終えた。
S&P500種株価指数は2007年12月28日以来約5年ぶりの高値を付けた。
ナスダックは2012年10月5日以来の高値だった。

業種別S&P500種株価指数は全10種が上昇。「金融」や「エネルギー」、「電気通信サービス」の上昇が目立った。

NYSEの売買高は約7億3000万株(速報値)、ナスダック市場(同)は約17億3000万株。

個別では、2012年10~12月期の携帯電話部門の業績が従来予想を上回ったもようだと発表したノキアが急伸。増配を発表したフォードが高い。前日に約半年ぶりに株価が30ドルを突破したフェイスブックはこの日も上昇した。バンカメが3%上昇。今週初めに米当局と和解した住宅の不当差し押さえ問題に関連した支出が約20億ドルに達すると開示したJPモルガン・チェースも上げた。
一方、ティファニーは大幅に下落。年末商戦の売り上げが想定よりもやや弱く、13年1月期通期の1株利益が従来見通しの下限になると発表した。アルコアが下げた。

 

日本株式市場

特に何があったというワケでもないが、一段と円安・日本株高進行。

昨日の日中、中国貿易統計の上振れで豪ドルが吹き上がり、豪ドル高・円安。
昨日の夜、ドラギネタでユーロが吹き上がり、ユーロ高・円安。
本日早朝、円全面安。

円は対ドルで89円台と、2010年7月14日以来2年半ぶりの安値に下落。
対ユーロでは118円台と、2011年5月5日以来の安値を付けた。

225先物は、1月4日のナイト高値10810円を上抜き、年初来高値更新。
TOPIXは、2011年3月11日以来の900p回復。

円は下がるから売る、売るから下がる、日本株は上がるから買う、買うから上がる、円が下落するから日本株を買う、日本株が上がるから円を売る... 見事なスパイラルとなっている。

まだこの流れは続くのかもしれないが、個人的にはもういいやの心境(-_-;)

 
東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1000万株、買い1500万株、差し引き500万株の買い越し。
買い越しは2営業日連続。金額ベースも買い越し。

09:01
ビックカメラ、¥43200にて利益確定売り。

09:20
商船三井、¥281にて見切り売り。

09:36
日写印、¥1071にて見切り売り。

 
*** 追記 ***
09:53

1月限オプションSQ概算値は 10771.98円。幻のSQ値となっている。
これを幻のまま残せるかが目先の焦点。

10:12
SQ値が押し目か...
テクニカルの熱さや、バリュエーションを語る参加者は殆ど見当たらない。
この5年間では最高の地合いですな。

11:02
日経平均は震災前の高値10890円をほぼ回復。
その後、本日のSQ値10771に支えられる動き。

株価指数000551.JPG
 

    にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ    
       ↑ 応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

コメント
この記事へのコメント
米国株1.10  年初来高値更新
スペイン10年債利回りは ついに5%割れ
イタリアは        ジャスト4%に接近中=4.158%へ低下
ポルトガルも       ジャスト6%に接近中=6.26%へ低下

昨晩1.10のダウ・ナスダックは1.2の年初来高値を更新した
小型株指数のラッセル2000は
       1.4→1.9→1.10 と年初来高値更新を続けている
 
  日本市場でも2部・新興指数はほぼ連日の更新 ⇔ 日本だけの現象ではないようだ

その日本市場では
今日1.11に日経平均が高値更新の可能性があるようだ
東証1部指数の1.4高値更新をフォローすると

  東証1部単純平均   1.9更新
  TOPIX      1.10更新
  日経平均       1.11更新なるか

年明けの日本市場は
  指数が先行して買われている というよりは
    (2部・新興・東1ともに)個別株が買われている と思うのだが・・・
2013/01/11(金) 10:30:06 | URL | チャチャ #A1vz8dvw[ 編集]
2兆円
チャチャ 様

>日本だけの現象ではないようだ

そうなんですよね。世界同時安心相場の様相^^

>(2部・新興・東1ともに)個別株が買われている と思うのだが・・・

ガイ人は7週連続で買い越し、計2.1兆円と巨額だが...
小泉郵政解散の時は、外人が8ヶ月で8兆円の買い越しだった。
それに比べればまだ2兆円しか買われていないとの見方が。。。
2013/01/14(月) 21:41:40 | URL | to チャチャ 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/5920-e0a71852
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2