ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2017/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】280円/枚 【日経先物mini】39円/枚
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!


13日のルー次期米財務長官の指名承認公聴会が注目される。

公聴会では「ブラント米自動車政策会議(AAPC)会長が、アベノミクスに対して、貿易相手国の犠牲と引き換えに日本の経済成長を促進する『近隣窮乏化政策』と批判していますが、米国の財務長官としてどう思われますか?」という質問が想定され、ルー次期米財務長官の答えが要注目となる。

15-16日のG20財務相・中央銀行総裁会議では、「通貨の競争的な切り下げを回避することへのコミットメント」に関して、安倍政権の円安誘導への批判が予想されている。

国内では日銀金融政策決定会合(13~14日)、10-12月期GDP(14日)に注目。

尚、中国は9日から春節(旧正月)に伴う大型連休に入る。香港市場は13日まで、中国、台湾、ベトナム市場は15日まで休場となる。

 
記載されたものは、あくまで予定です。予告なく変更される場合があります。
()内は発表予定時間、市場予測値。(参考:トレーダーズ・ウェブ 、フィスコ)

 
11(月)

【国内】
建国記念日

【海外】
12月OECD景気先行指標(20:00)
休場:中国、香港、台湾、韓国、シンガポール、ベトナム、マレーシア、アルゼンチン、ブラジル


12(火)

【国内】
1月マネーストック(8:50)
1月消費動向調査(14:00)
1月工作機械受注(速報値、15:00)
《株式分割》
クロスマーケ
《銘柄異動》
テクマト
《決算発表》
王子HD、大林組、シチズンHD、オリンパス、パイオニア、日新製鋼HD、東海カーボン、三菱マテリアル、T&DHD、アマダ、ダイキン工業

【海外】
英1月消費者物価指数(18:30)
米1月財政収支(13日4:00)
《決算発表》
・海外
ザ・コカコーラ・カンパニー
休場:中国、香港、台湾、シンガポール、ベトナム、マレーシア、アルゼンチン、ブラジル


13(水)

【国内】
1月企業物価指数(8:50)
12月第三次産業活動指数(8:50)
財務相、国庫短期証券入札(12:35)
財務相、40年物国債入札(12:45)
日銀金融政策決定会合(13日まで)
《新規上場》
メドレック
《決算発表》
日揮、大平洋金属、明治HD、住友大阪セメント、太陽誘電、東京海上HD、アサヒグループHD、沖電気工業、第一生命保険、東京建物

【海外】
ユーロ圏12月鉱工業生産指数(19:00)

米1月小売売上高(22:30/前月比+0.1%)
参考指標の12月ICSCチェーンストア売上高(ウォルマート除く)は、前年比+2.7%で11月-0.1%から上昇。ガソリン価格は前月比+0.3%程度でガソリン・スタンド売上の増加要因。国内自動車販売台数は前月比+0.9%程度。チェーンストアの売上増が想定されることから、コンセンサスは妥当か。

米1月輸出入物価指数(22:30)
米12月企業在庫・売上高(14日0:00)
米週間石油在庫統計(14日0:30)
印12月鉱工業生産指数
《決算発表》
・海外
モンデリーズ・インターナショナル、シスコシステムズ、メットライフ
休場:中国、香港、台湾、ベトナム


14(木)

【国内】
10-12月期実質国内総生産一次速報値(8:50/前期比年率+0.4%)
プラス成長の見込み。輸出は依然低調だが、個人消費がまずまず堅調であること、住宅投資と設備投資の伸び、住宅ローン金利の低下による影響も無視できない。昨年10-12月期で景気は底入れした可能性もある。

1月首都圏マンション販売(13:00)
12月商業販売統計(確報値、13:30)
レギュラーガソリン小売価格(14:00)
日銀、総裁定例会見(15:30)
日銀金融政策決定会合
《新規上場》
Bガレジ、買取王国
《決算発表》
新日鐵住金、北越紀州製紙、トレンドマイクロ、ソニーフィナンシャルHD、昭和シェル石油、キリンHD、MS&ADインシュアランスグループHD、NKSJHD、昭和電工、横浜ゴム

【海外】
ユーロ圏4Q国内総生産(速報値、19:00)
米新規失業保険申請件数(22:30)
《決算発表》
・海外
ペプシコ、アパッチ
休場:中国、台湾、ベトナム


15(金)

【国内】
12月鉱工業生産指数(改定値、13:30)
日銀金融経済月報(14:00)

【海外】
ユーロ圏12月貿易収支(19:00)

米2月ニューヨーク連銀景気指数(22:30/-3.00)
先行性のある同指標内訳の1月「新規受注」は、-7.2。1月は、支払い価格は上昇したが、雇用はマイナス。出荷も減少していることから、コンセンサスは妥当か。

2月ミシガン大学消費者信頼感指数(23:55/74.5)
1月確報値は73.8←速報値71.3と上方修正。ダウ平均は2月初旬にかけて強い動きを見せており、堅調。ガソリン価格に大きな変動はないことはプラス要因、10-12月期の国内総生産(GDP)は前期比年率-0.1%だが、財政支出の削減によるものであり、指数への影響は大きくないとみられる。コンセンサスは妥当な水準。

米12月国際資本統計(23:00)
米1月鉱工業生産指数(23:15)
《決算発表》
・海外
アメリカン・エレクトリック・パワー
休場:中国、台湾、ベトナム
 

    にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ    
       ↑ 応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/5978-3328c9a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2