ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】280円/枚 【日経先物mini】39円/枚
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!


上昇相場の特徴のひとつが「循環物色」。これにより相場全体の底上げが図られているとの声があるが...

2月12日、TOPIXの上昇率が1.2%にとどまったのに対して日経平均の上昇率は1.9%に達した。上昇したのは結構だが、NT倍率の修正と、株価上昇がシンクロしていた動きが途絶えた。しかも、小型株価指数は-0.11%。

指数は大きく上げたが、相場全体の底上げとは程遠い一日だった。

2月13日、G7の解釈を材料に円高に振れたが、日経平均の下げ幅は1.04%、TOPIXの下げ幅は1.19%と、昨日に続きTOPIXがアンダーパフォーム。小型株も前日同様、1.63%の下げと主要指数でワーストパフォーム。

本日、前引け時点の日経平均の上げ幅は0.55%、TOPIXの上げ幅は0.06%と、連日のTOPIXアンダーパフォーム。

相場全体の底上げと言えないような動きになっている。

12月中旬までが225型主導、2月7日までの上げがTOPIX型主導、現在また225型主導と、これもある種の循環物色なのかもしれないが、やや気になる動きだ。
 

本日の日銀金融政策決定会合は波乱となりそうもないが、参考までに、これまでの決定会合当日の日経平均・日中足を以下に。

金融政策決定会合の日の日中足.JPG

1月22日 日銀金融政策決定会合 追加緩和(12時47分頃公表)

株価指数1月22日.JPG

どれも発表前に期待で上げて、発表直後に吹き上げて、急落のパターン。

金融緩和が発表されてもされなくても、同じ結果。

さて、今回は...

12:40
日銀は、金融政策の現状維持を全員一致で決定。資産買い入れ等基金は据え置き。

 
*** 追記 ***
12:57

株式市場、為替市場ともに、発表後の反応は鈍かった。
しかし、その後ジワリと債先買い・株先買い進行。遅れて円売りも。

こんなに決定会合への反応が鈍い相場って久しぶり...

前引け後の東証の立会外バスケット取引: 約296億円が成立。
市場では、やや売り決め(投資家の売り・証券会社の自己売買部門の買い)優勢との声。

12時45分現在の東証1部の売買代金は概算で1兆2130億円、売買高は21億4829万株。

東証1部の値上がり銘柄数は717、値下がり銘柄数は831、変わらずは139。

13:28
昨日空けた窓を埋めを試すも埋められず。(昨日の高値11365、本日の高値11356)
決定会合でも静かですな(-_-)zzz

14:06
日経平均は小高いが、TOPIXも規模別もほぼ変わらず。
東証一部では値下がり銘柄数が値上がりを上回っている。
上昇基調に変化はないが、週初からの調整気配にも変化なし。

14:40
終始逆ザヤではないが、戻りを試す場面で先物の逆ザヤが目につく。特にTOPIX...

14:46
静かに感じるが、東一は33.5億株、1.9兆円と出来ている。
静かというより、モソっとした感じか。

15:17
日経225先物mini、引成(11330)にて11295ショート決済・LC。(¥35ヤラレ)持ち越しなし。

日中足は決定会合日らしい形状になったが、反応はこれまでになく鈍かった。

株価指数000666.JPG
 

    にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ    
       ↑ 応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

コメント
この記事へのコメント
買われなさ過ぎのダウー売られ過ぎの日経平均
前場の(タイミング指標の)騰落R5日は

   東証1部   51%程度
   日経225  64%程度

 「いったんの」反発ゾーンの35-50%に入っているか?

昨日発表の2月8日現在の裁定買い残ー株数ベースは

   48億8200万株
   2.1の数字  株数=31億株  金額=3兆7505億円
   で単純計算すると
   2.8の裁定買い残は 5兆9000億円 となる
            驚きの高水準 と感じる


少し前に整理したデータなので
直近株価でのアップデートはしていないが
大きく流れを見るには問題ないので そのままで投稿します

米株の 長期Wボトムは2003年3月 & 2009年3月 となる
株価指数別で見ると

  ダウ・SP500・ラッセル2000は 2009年3月が大底
  ダウ輸送株指数・ナスダックは     2003年3月が大底  となっている

このどちらかの安値 → 2013年1月高値 をまとめると

          大底 → 1月高値の上昇率
  ダウ         111.0%
  
  SP500      122.9%
  ラッセル2000   160.6%
  ナスダック      150.9%
  ダウ輸送株      199.8%

     ダウの出遅れが顕著である(Or 他の指数がオーバーシュート)
     小型株が大型株に対しオーバーパフォームしている

同様の計算を日本株指数で行うと

  日経平均        56.6%

  東証2部        88.1%
  ジャスダック      61.1%
  マザーズ        93.4%

     日経平均は売られ過ぎ と表現するのが 行き過ぎであるならば
        日経平均も出遅れ とは云えないのだろうか?

単なる統計処理なので 
今日明日・来週来月 の相場・トレードに有効とは考えてはいませんが
どうなのでしょうか?
2013/02/14(木) 13:09:11 | URL | チャチャ #A1vz8dvw[ 編集]
点滅の目が点
先物の板を見てると
パカパカパカパカ点滅して忙しこと
時々笑っちゃうよ
出来高がないのに出たり消えたり
高速売買なんですね
しかし狭い範囲の商いは何を警戒してるんでしょうか
2013/02/14(木) 15:01:02 | URL | B/N #-[ 編集]
買い細り
チャチャ 様

>驚きの高水準 と感じる

まさに\(゜ロ\)(/ロ゜)/

さっそく本日後場記事にさせていただきました○| ̄|_

>日経平均は売られ過ぎ と表現するのが 行き過ぎであるならば

テクニカルで見ると売られ過ぎになりますね。

一方 需給で見ると、先々週末から買い細りであり、売りが増えてる感じはあまりなし。
機関投資家の余力尽きたんでしょうか^^;
2013/02/15(金) 13:07:21 | URL | to チャチャ 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
泣ける
B/N 様

>パカパカパカパカ点滅して忙しこと

個人がこれをやると、見せ板として罰せられ
機関投資家がやると、技術的なものとしてスルー。

この不公平感が泣けます(T_T)
2013/02/15(金) 13:10:06 | URL | to B/N 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/5986-2dfaf546
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2