ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】280円/枚 【日経先物mini】39円/枚
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!


3月15日の米国株式市場

ダウ平均: 14514.11 ▼25.03
ナスダック: 3249.07 ▼9.86
ドル円 NY時間17時: 95.27 -95.28
ユーロ円 NY時間17時: 124.56 -124.60
CME日経平均先物 円建て: 12395

3月NY連銀製造業景気指数が予想を下回った。
2月鉱工業生産指数と設備稼働率はは予想を上回った。
3月ミシガン大学消費者センチメント指数は予想を大幅に下回った。

経済指標は強弱まちまちだったが、市場は悪い方に反応しダウは一時68ドル安となった。もっとも、前日までの10営業日連騰の反動もあり、大きく下落幅を広げることなく、主要3指数は終日にわたり底堅く推移した。

ダウ平均は11営業日ぶりに反落。ナスダックとS&P500種株価指数は3日ぶりに反落。
尚、今年に入り、金曜日にダウ平均が下落するのは初めて。

週間パフォーマンスは、ダウ平均+0.8%、S&P500+0.6%、ナスダック+0.1%。

業種別S&P500種株価指数は7業種が下落。「電気通信サービス」や「生活必需品」、「一般消費財・サービス」の下げが目立った。一方「公益事業」や「金融」、「素材」が上昇。

NYSEの売買高は約18億1000万株(速報値)、ナスダック市場は約21億6000万株(同)。
クアドラップル・ウィッチングで、出来高が急増した。

個別では、JPモルガン・チェースが下げた。下落率はダウ平均を構成する銘柄で最も大きかった。FRBが資本計画の再提出を求めたことが嫌気された。収益の見通しを引き下げたクルーズ船運営のカーニバルが下落。ホーム・デポやP&G、インテルが売りに押された。
一方、自社株買いを発表したバンカメが上昇。ボーイングも上げた。幹部が新型機「787」の運行再開が近いとの認識を示し、買いを呼び込むきっかけとなった。

 

日本株式市場

「週内に発足する黒田日銀総裁の新体制による金融緩和への期待は根強く、大きな下げにはならない」これがコンセンサスのようだ。どこの証券会社、情報ベンダーからもそう報じられている。

ただ、コンセンサスが完全に一致すると相場が逆に動くのもよくあるパターン。

今回もそれか?

キプロス・ネタで週明けの為替市場は円が急騰、東京株式市場は急落。

債務危機に陥ったキプロスに最大100億ユーロの金融支援を実施することで大筋合意。
同国の銀行の預金者に対して最大9.9%の課徴金を徴収。
これが材料となっているようだ。

たかが100億ユーロで救われる小国だ。大したことはない。

しかし、預金者に対して課徴金というのは結構大事かもしれない。
(「銀行預金に対する課徴金は国内外の預金者が対象」となっている。)

キプロスの銀行は●●アの富裕層などが、●●ダリング、資産●●で使っている者も少なくない。ちょっとした取り付け騒ぎになる可能性は考えられる。

ただ、「国内外の預金者への課徴金はあまりにも厳しすぎる」として、早くもドイツなどから取り消しを求める声も出ているようだ。その可能性も考えておきたい。


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1860万株、買い2870万株、差し引き1010万株の買い越し。
買い越しは9営業日連続。金額ベースも買い越し。

 
*** 追記 ***
09:27

為替市場で円が急騰、東京株式市場は急落といっても...寄付きからは切り返す動き。
好地合いは継続中ですな。

10:34
得体のしれないキプロスネタ... 東京株式市場で消化することは不可能。今日の欧米市場の反応を見るしかない。

11:02
ベルルスコーニ・ショックに続き、キプロス・ショック...
また恰好の押し目となるのか、今度こそ調整か...

株価指数20130318-1.jpg
 

    にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ    
       ↑ 応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

コメント
この記事へのコメント
先週3.15週の世界株式市場
2週連続の主要世界株価指数の全面高基調にやや変化が見られたようです

   3.1週   インドのみ下落
   3.8週   インド・中国のみ下落
        ↓
   3.15週  日米欧のみ上昇

1.日米欧先進国株価は揃って上昇 
        だが
  週間上昇率は前週比で大幅に減速

          3.8週   3.15週
    日経平均  5.84%  2.26%
    ダウ    2.18   0.81
    ナスダック 2.35   0.14
    FT    1.65   0.09
    DAX   3.61   0.71

2.アジア中進国&新興国株価は揃って下落

    KOSPI  -0.97%
    台湾     -1.09%
    オーストラリア    -0.19%

    上海     -1.73%
    インド    -1.30%
    ブラジル   -2.68%

    インドネシア    -1.13%
    フィリッピン    -2.03%

3.世界主要10株価指数の週足サイコロは
前週の76勝44敗 から 74勝46敗 に低下

    市場センチメントの絶対値としては
  2.8週の83勝37敗 で ピーク感も感じられる


米国株ではダウを見るとー3.15(MSQ通過)

1.週間星取表は 4勝1敗 で 金曜日のみ下落
・・・金曜日の連勝記録は 10(週) で止まった

  「金曜日のみ下落」は2012年3月16週以来 となり
   多連勝記録のストップは ~2012年9月14週=8連勝 以来 となる

    いずれも統計上ではあるが やや嫌み含み となるようだ

2.金曜日のダウは小幅反落したが  RSI14日は大ジャンプ 上昇した

            ダウ     RSI14日
     3.13  14455㌦  77.38%
     3.14  14539   76.57
     3.15  14514   94.41
                絶対値で +17.84
                上昇率で +23.3%

   これは -200㌦超の下落をした2.25(14日前)が 
            計算対象外になったため だが

     記憶にはない=タブン珍しい 大逆行現象 かもしれない


先週までの日本市場では

1.日銀人事は 市場期待に沿う決着 となり
2.TPP参加は 市場期待通り となり
3.賃金交渉は 市場の予想以上の好結果 となった

目先の「市場の期待」は 日銀臨時会合のみ となった

どうなるでしょうか?
        


2013/03/18(月) 09:46:30 | URL | チャチャ #A1vz8dvw[ 編集]
小泉相場ー安倍相場
両相場の比較論がアチコチで賑わっているようです 統計の整理です
 先週末3.15で 選挙後58日 が経過した 58日間のデータ比較を
     基準日は選挙前営業日 とする

          小泉相場        安倍相場
日経平均上昇率   +22%        +29%
58日間の星取表  34勝24敗      38勝20敗

     今回相場は より強い ようだ

連勝記録
   8連勝     1回          1回
   5連勝                 2回
   4連勝     1回          1回
   3連勝     2回
連敗記録
   6連敗     1回
   3連敗     1回          1回

      今回相場は 連敗が少ないようだ

押し目  -3%前後で拾うと

        -3.7%=日柄3日   -3.9%=日柄3日
        -3.3%=日柄9日   -3.5%=日柄2日
                     -2.7%=日柄2日

   今回相場では 短日数(2-3日)で浅い押し目 が3回 あるにはある


ここまでのパターン・相場リズムが 今日以降も続くとすれば
現在は 4回目の-3%~-4%の押し目に入る ことにはなるが・・・


日経平均の新値3本足は 現在 陽線10本  陰転値=12283円
日経平均の週足サイコロは 現在 11勝1敗
           →単純確率計算では 1/341 というレベル
  同  日足サイコロは 3.15=10勝2敗
           →単純確率計算では 1/62 というレベル

小泉相場の 2回目のトップが 日柄62日
先週3.15が        日柄58日

    ここまでは 全く機能しなかった 経験則セオリーだが
       たまには 機能しても いいのでは・・・

今日はここまでで お疲れ様でした 
よいトレードを   

2013/03/18(月) 10:54:40 | URL | チャチャ #A1vz8dvw[ 編集]
後場ユローの注目
株価が高値圏なのでさげてきても違和感はないですね
3/12日に12400のWトップでイブニングまで240の下げ
先週末12500のWトップで本日12220まで280円の下げ
イブニングまで素直に見てきたいと考えてますが
ネタがネタなので素直に気お付けます
イブニングを含めで12150を割らないなら押し目買いで拾ってみます


2013/03/18(月) 12:05:48 | URL | B/N #-[ 編集]
またダマシか、今度こそ調整か
チャチャ 様

>週間上昇率は前週比で大幅に減速

そうなんですよね。。。
BRICSから下げて、日欧米株はまだ上がるも減速傾向。

>2.8週の83勝37敗 で ピーク感も感じられる

↑ユーロドルの頭打ちともほぼ一致してますね。
為替相場では2月1日から、ユーロ安・ドル高。
この1か月半、ドル高で米株高ってのも違和感が。

>目先の「市場の期待」は 日銀臨時会合のみ となった

日銀臨時会合... なしでしょw
この株価水準、この円相場の水準で、やる意義が見いだせません。

>今回相場は より強い ようだ

まさかまさかの小泉越え^^;
でも、あの時は上値追い、今回は底打ちからの上昇。
株価位置的に、今回の方が上がり易いのかもしれませんね。

>日経平均の新値3本足は 現在 陽線10本  陰転値=12283円

陰転しましたね。
11/14以来、これで3回目の陰転ですが、過去2回はあっという間に再陽転しダマシに。
さて今回は、またダマシなのか、ようやく調整か...
2013/03/18(月) 22:49:07 | URL | to チャチャ 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/6046-d0e1bf49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2